デザインセンスがない!どうしたらセンスのよいものが作れるの?

公開日:2024/01/15


デザインセンスは、インプット量を増やし、必要な情報を適切に配置することで身につきます。トレーニングを積むことで鍛えられるので「デザインセンスがない!」と嘆く必要はありません。そこで本記事では、良質なデザインを生む方法や基礎知識について解説していきます。デザインの基本を学ぶことで、一流のデザイナーを目指せるでしょう。

そもそもデザインセンスとは?

デザインセンスはトレーニングすることで磨かれていきます。決して、生まれもった才能ではないことを覚えておきましょう。

こちらでは、デザインセンスの基礎知識について解説していきます。

デザインセンスの定義

デザインセンスは、脳内にストックされた情報の中から取捨選択し、アイデアを再構築することで磨かれます。つまり、多くの情報にふれ、インプットすることで最適な色や形、構成を組み合わせる力がついてくるのです。ただし、情報をやみくもに詰め込んでいてはセンスのあるデザイナーとはいえません。ゴール設定を明確にしたうえで、目的に応じた情報を当てはめていく必要があります。

デザインセンスを磨く方法

デザインセンスを磨くためには、インプット量を増やす必要があります。引き出しの数が多ければ多いほど、最適なデザインを当てはめられるようになるからです。たとえば、ファッションセンスに優れている人は、過去に膨大な服を着こなし、雑誌やお店で膨大な量の服を見てきています。

このように、普段から情報収集しているからこそ、最適な着こなし術が分かるようになるのです。デザイナーとしてセンスを磨きたいのであれば、カラーやフォント、レイアウトに注目してインプットしてみるといいでしょう。パンフレットや雑誌、チラシなどにふれることでトレーニングされていきます。

デザインがダサくなる理由

デザインがダサくなる理由は、余白を意識していないことがあげられます。文字周辺の間隔が狭いと窮屈になってしまい、見にくくなってしまうのです。間隔を広げ余白を大切にすることでスッキリした印象になるでしょう。また、文字の配置や使い方も重要です。文字の上下左右の幅や文字同士の幅が揃っていないと、ゴチャゴチャしたデザインになります。

ほかにも、フォント選びで優しい印象を演出できたり、洗練された印象にできたりするので注意しながら使うといいでしょう。

デザインの基本的なルールを知る

デザインの基本を身につけることでセンスある成果物に仕上げられます。絶対に抑えておくべき基本ルールについて学んでいきましょう。

トンマナを合わせる

「トンマナ」を合わせることで、デザインの方向性が定まり統一感が生まれます。トンマナとは、トーン(tone)&マナー(manner)の略称です。トーンには音・色といった調子を表す意味があり、マナーには行儀や作法など立ち振る舞いを表す意味があります。

トーンやマナーを合わせることで、デザイン要素に一貫性がでるので、伝えたい想いや狙いがユーザーに届きやすくなるのです。発信側と受手側のミスマッチを起こさないためにも、トンマナを合わせてから進めましょう。

情報を詰め込みすぎない

情報過多にならないことも基本ルールのひとつです。情報量が多いと見栄えが悪くなり、何を伝えたいのか不明確になります。あの文章を入れたい、この画像も入れたい、フォントもたくさん使いたいでは情報過多になります。ユーザーの「目を引く」ためには強調する箇所を明確にして、残りの余白は引き立て役に徹する方が伝わりやすくなるでしょう。本当に必要な情報だけを抽出し、シンプルにまとめることが基本です。

内容と色に統一性をもたせる

内容と色に統一性をもたせてください。文章と色使いの組み合わせを配慮することで、よりメッセージ性が増します。たとえば、食欲を刺激したいときに使われるのがオレンジ色です。こういったテクニックはファーストフード店で多用され、購買意欲を促進させる効果があります。

ほかにも、赤色は前向きでエネルギッシュな印象をあたえるので、行動をうながしたいときに効果的です。緑色は癒しや平和、安心をあたえるので環境改善を訴えたいときに有効でしょう。

このように、色彩心理学を使うことでより統一性が増します。

よりよいデザインが欲しいならサブスクがおすすめ

手軽に、そして安価によいデザインを求めるのであればサブスクがおすすめです。こちらでは、デザインのサブスクについてふれていきます。

デザインのサブスクとは

デザインのサブスクとは、デザインツールの使い放題サービスや制作してくれるサービスのことを指します。制作会社やプランにもよりますが月額5~6万円が相場です。サブスクによって、基本内容や無料お試し期間の有無、解約方法などが違うので事前に確認してから選ぶといいでしょう。

サブスクのメリット

サブスクを利用すれば、安い予算でWEBバナーや印刷物を制作してもらえます。今までは1案件ずつ発注していたものを、サブスクに切り替えることで、料金の上限を超えることがなくなるでしょう。何件依頼してもプランどおりの価格なので、使えば使うほどお得になります。

また、発注先に困ることもなくなるでしょう。制作依頼をしても「忙しくて対応できません」といったことが起こりえます。断られた場合は、一から別の取引先を探さなければいけないので手間がかかるでしょう。しかし、サブスクであれば、このような労力をかけずに安定して依頼できます。

まとめ

本記事では、デザインセンスについて解説してきました。デザインセンスは生まれもった才能ではないので、適切なインプットとアウトプットをすれば誰でも良質なデザインを作れるようになります。まずは、トンマナを合わせデザインに一貫性をもたせてください。また、適切にフォントや装飾、画像を配置するようにしましょう。あれこれ詰め込みすぎると方向性がブレるのでシンプルさを重視してください。一流のデザイナーになるためには時間と労力がかかります。まずは、基礎知識を身につけ段階を踏んでいきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

デザインサブスクについての疑問を解決!

よくある質問

  • デザインサブスクを利用するためには、どのような条件が必要ですか?
  • デザインサブスクを利用するためには、利用者が自分の要望や希望を明確にして、デザイン会社に伝えることが大切です。また、サブスクリプションサービスは、一定期間継続することが前提となりますので、契約期間や解約に関するルールをしっかりと理解しておくことが必要です。
  • デザインサブスクの
    利用期間はどのくらいですか?
  • デザインサブスクの利用期間は、サービスによって異なりますが、1ヶ月や3ヶ月、6ヶ月、1年などの期間を設定しているサービスが一般的です。多くの場合、契約期間が終了する前に解約すると、違約金などのペナルティが課せられることがあります。
  • デザインサブスクは
    個人でも利用できますか?
  • デザインサブスクは、法人だけでなく個人でも利用することができます。ただし、一部のサービスでは、法人限定で提供されている場合がありますので、事前に確認することが必要です。
  • デザインサブスクで利用できるデザインの種類は何ですか?
  • デザインサブスクで利用できるデザインの種類は、サービスによって異なりますが、ロゴデザイン、ウェブデザイン、パンフレットやチラシのデザイン、ポスターやバナーのデザイン、プレゼンテーション資料のデザインなどが一般的に提供されています。
  • デザインサブスクの
    メリットは何ですか?
  • デザインサブスクの最大のメリットは、コスト効率と利便性です。通常、一回のデザイン作業に対して高額な費用を支払う代わりに、定額料金で様々なデザインサービスを利用できます。また、サービスの中には24/7利用可能なものもあり、デザインニーズに応じて柔軟にデザイン資源を利用することができます。
  • デザインサブスクの
    デメリットは何ですか?
  • デザインサブスクのデメリットとして主に考えられるのは、コストと利用可能なデザインの種類についてです。一見、コストが予測可能であるように見えますが、長期的に見ると頻繁にデザインリソースを使用しない場合、一回あたりのコストは単発のデザインサービスと比較して高くなる可能性があります。さらに、サービスによっては利用できるデザインの種類やスタイルが限られ、特定のニーズやブランドのスタイルに対応するのが難しくなることもあります。
  • デザインサブスクを選ぶときに
    何を考慮すべきですか?
  • デザインサブスクを選ぶ際には、あなたのニーズに最も適しているサービスを選ぶことが重要です。これには、必要なデザインの種類、利用頻度、予算、サポート体制などが含まれます。また、提供されるデザインの品質や、使用許諾の条件も重要なポイントです。利用者レビューや比較サイトを利用して、各サービスの特徴を理解し、ベストな選択を行うことが推奨されます。
  • どのような場合にデザインサブスクを
    利用すべきですか?
  • デザインサブスクは、頻繁に高品質のデザインリソースを必要とする場合や、特定のデザイン作業を専門家に任せたい場合に特に利用すべきです。また、デザインニーズが多様で、ロゴデザインからウェブデザイン、グラフィックデザインまで幅広くカバーしたい場合や、デザインに関する費用を安定させ、予測可能にしたい場合にも有効です。
  • デザインサブスクの料金は
    どのように決まりますか?
  • デザインサブスクの料金は、提供されるサービスの範囲、デザインの種類、利用可能なリソースの量、サポートレベルなどによって大きく異なります。一部のサービスでは、ユーザーが必要とする機能をカスタマイズして料金を決定するオプションを提供していることもあります。各サービスの価格体系を理解し、自分の予算とニーズに合ったサービスを選ぶことが重要です。
  • デザイン案がないのですが
    依頼できますか?
  • デザイン案がない状態でも依頼は可能です。多くのデザインサブスクでは、専門的なデザイナーがお客様の要望を聞き、それに基づいたデザインを提案します。そのため、具体的なデザイン案がない場合でも、どのような目的で何を表現したいのかなどの要望を伝えることで、デザイナーがそれを形にするお手伝いをします。
RANKING TABLE

おすすめのデザインサブスクランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
8
会社名デザパルウェルピーデザサポデザインボックスセンゾクデザイナー茶ブスク広報宣隊JOOI
特徴担当ディレクターが案件ごとにデザイナーを厳選!月額5万円から利用可能面倒な作業はすべて丸投げできる!長年のノウハウや実績もあるから安心マンツーマンでプロのデザイナーがサポート!業務効率化も実現利用者の希望に合わせたプランが人気!無料相談も実施中専属デザイナーがサポート!ECサイトやアクセス解析レポートにも対応現役デザイナーへの依頼が可能!充実のオプションも用意コスパにこだわったサービス!対応できる業務内容の幅広さが人気料金は案件単位でわかりやすい!低コストとスピーディーな納期が魅力
詳細リンク
RANKING TABLE

おすすめのデザインサブスクランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
8
会社名デザパルウェルピーデザサポデザインボックスセンゾクデザイナー茶ブスク広報宣隊JOOI
特徴企業の販促ツール制作を「構成案作成からデザインまで」ワンストップで提供するサービス。月額5万5,000円(税込)~で販促活動に必要なあらゆるツールのデザイン業務が頼み放題。WEBも印刷物も月額定額でデザイン依頼し放題。面倒なパソコン業務も丸投げできる。企業の広告・販促費削減、人手不足を解消することに特化したサービス。経験豊富なプロのデザイナーが顧客を1対1の体制でサポートする。複数案件、同時に依頼可能な定額制デザインサービス。ECサイトの運用から商品ページ制作など、ECサイト運用に必要な業務全般を代行している。定額サブスクリプションでデザインを制作。デザイナーを会社で雇うより安く、そして現役デザイナーによる高クオリティの制作が可能となる。上場企業や話題の広告を手がける、実績豊富な老舗の制作会社。厳選されたデザイナーに直接発注できるサービス。デザイナー採用、選定の手間がない。
おすすめポイント・担当ディレクターがあなたのアイデアを具現化するためのディレクションを行う。
・定額制のため、見積を依頼してからの待ち時間なし。想定外のコストも一切かからない。
・採用コストを削減可能。担当ディレクターに相性のよいデザイナーを都度選定してもらえる。
・WEB制作実績6,000件以上、印刷物制作実績1,000件以上の豊富な実績。
・デザイン定額制だから予算を気にせず依頼できる。
・専属の担当デザイナーがつくため、社内デザイナーがいる感覚で依頼可能。
・外注するための見積依頼をする手間もなく、予算を気にせず何回でも安心して依頼できる。
・多彩な実績を持つプロのデザイナーの品質をいつでも手軽に利用できる。
・経験を積んだプロのデザイナー・エンジニアが常駐している。
・契約時間内であれば修正・変更回数も無制限。もちろん追加料金は不要。
・情報更新、商品登録、在庫管理、顧客対応(電話・メール)も代行可能。
・各種数値のレポーティングと課題の発見を実施。
・成果アップにつながる質の高いバナー制作をおこなう。
・ニーズに合わせてプランが選べる。
・種類豊富な充実したオプションで、要望にも柔軟に応えてくれる。
・最短1日で修正返信が来る。
・社員であるデザイナーが専属のチームを編成し、高いクオリティをもって制作にあたる。
・低価格でクオリティの高い広告物を作成することが可能。
・コスト削減と短納期を実現。
・フリーランス起用でも安心して発注できる。
・1社に1人の専属コーディネーターが付き、幅広くサポートしてくれる。
料金プラン例スタンダードプラン
■12ヶ月契約
月額7万7,000円(税込)
■6ヶ月契約
月額8万8,000円(税込)
※お試しプランあり
ライトプラン
月額利用料金 8万8,000円 (税込)
契約期間 6ヶ月
利用時間/月16時間
デザ・ミディアム
月額 8万8,000円 (税込)
契約期間 12ヶ月
Mプラン
■12ヶ月 月額7万1,500円(税込)
■6ヶ月 月額7万7,000円(税込)
■3ヶ月 月額8万2,500円(税込)
16時間/月利用可能 5時間まで繰越可能
レギュラープラン 
月額7万7,000円(税込)
契約期間6ヵ月
スタンダードプラン
月額 9万6,800円 (税込)
契約期間 12ヶ月
広報宣隊スタンダードプラン
月額料金
6万6,000円(税込)
契約期間
1年間
参考価格※定額制ではない
A4チラシ(裏表):8万~12万円
バナー制作:1万円~1万5,000円
問い合わせ問い合わせフォーム電話、問い合わせフォーム電話、問い合わせフォーム電話、問い合わせフォーム、メール電話、問い合わせフォーム電話、メール、問い合わせフォーム、LINE問い合わせフォーム問い合わせフォーム
詳細リンク
公式サイト